加藤常昭『祈り』 5/4

(加藤常昭『祈り』(日本基督教団出版局発行)より)

聴取期限5/17
(約3分)


ヨハネの手紙一4章9〜10節
神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。