加藤常昭『祈り』 9/5

(加藤常昭『祈り』(日本基督教団出版局発行)より)

聴取期限9/18
(約3分)


ヨハネによる福音書3章16〜17節
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。