加藤常昭『祈り』 9/27

(加藤常昭『祈り』(日本基督教団出版局発行)より)

聴取期限10/10
(約3分)


ヘブライ人への手紙11章1~3節
信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。昔の人たちは、この信仰のゆえに神に認められました。信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉によって創造され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。