加藤常昭『祈り』 11/12

(加藤常昭『祈り』(日本基督教団出版局発行)より)

聴取期限11/25
(約3分)


コリントの信徒への手紙一13章12~13節
わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。