加藤常昭『祈り』 11/27

(加藤常昭『祈り』(日本基督教団出版局発行)より)

聴取期限12/10
(約3分)


詩編103篇14〜18節
主はわたしたちを/どのように造るべきか知っておられた。わたしたちが塵にすぎないことを/御心に留めておられる。
人の生涯は草のよう。野の花のように咲く。
風がその上に吹けば、消えうせ/生えていた所を知る者もなくなる。
主の慈しみは世々とこしえに/主を畏れる人の上にあり/恵みの御業は子らの子らに
主の契約を守る人/命令を心に留めて行う人に及ぶ。