「本当のところはどうなのよ!?」


行きくれて木の下蔭を宿とせば
花や今宵のあるじならまし

武将・平忠度(たいらのただのり)が、源氏との戦いで深手を負い、最期に辿り着いたのが桜の下。
もう逃げ延びるすべもない自分を、今宵はこの花があるじとなって迎えてくれると詠った辞世の歌なのだそうです。

そう聞くと、古典に疎い私でも、何か悲しくも美しい最期を連想します。

ところが!…

続きを読む>>


ネットラジオ(全25番組)はいつでも無料でお聴きいただけます。聴き方ガイド>>

番組から選ぶ>> 日付から選ぶ>>