加藤常昭『祈り』 3/23

(加藤常昭『祈り』(日本基督教団出版局発行)より)

聴取期限4/5
(約3分)


テモテへの手紙一1章15〜16節
「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。しかし、わたしが憐れみを受けたのは、キリスト・イエスがまずそのわたしに限りない忍耐をお示しになり、わたしがこの方を信じて永遠の命を得ようとしている人々の手本となるためでした。