特別番組「遠藤周作『沈黙』の真実」放送開始!

キリシタン弾圧が激しさを増す江戸初期。
「日本宣教の責任者・フェレイラ神父が迫害に屈して棄教した。」
その報を受け、彼を師と慕う二人の若き司祭が日本に向かうくだりで始まる、作家・遠藤周作の代表作『沈黙』。

命懸けでキリストを伝えに来た司祭が、踏み絵を踏み棄教するというその衝撃的な内容は1966年の出版時より、日本の教会の中にも大きな戸惑いを引き起こしました。

しかしその戸惑いこそ、キリスト教会そしてキリスト者が向かい合うべき課題なのではないでしょうか。
今、私たちはこの戸惑いをどう受けとめたらよいのでしょう。…

続きを読む>>


ネットラジオ(全25番組)はいつでも無料でお聴きいただけます。聴き方ガイド>>

番組から選ぶ>> 日付から選ぶ>>