紅海を渡り


「紅海を渡り 過越を祝う
小羊の宴で 歌え、王なる主を。」

讃美歌21-312番「紅海を渡り」はレント・受難の賛美ですが、「紅海」や「過越」という旧約聖書の言葉を取り入れた歌詞です。

原作者は不明だそうですが、6世紀頃にラテン語の手書き譜が見つかったのだそうです。
6世紀というと…1600年位前でしょうか。その頃からずーっと歌い継がれて来たのですね。

そもそも、紅海を渡った出来事はモーセの時代ですから、
さらにさかのぼること…2000年位…でしょうか??…

続きを読む>>


番組から選ぶ日付から選ぶ聴き方ガイドFEBC Onlineサイトへ