十字架のキリストを眼の前にして


「同情的イエスがカルバリーのキリストに取って代わってしまっている!」

初めて川島先生のこの説教を聞いた時、衝撃を受けました。

私の苦しみ、つらさを分かってくれる優しいイエス様…。
それはその通りだけれど、それだけを切り取っていないか?
あの十字架のイエスは、あなたにとって誰なのか?

再び、この問いを突きつけられるメッセージを聞くことが出来ます。
覚悟がいるけれども、嬉しいことです。
そうなんです、いつでも安易な同情に流されてしまうからです。

続きを読む>>


番組から選ぶ日付から選ぶ聴き方ガイドFEBC Onlineサイトへ