讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

17.主は神の御独り子

ヨハネ3章16節の言葉は、よくよく考えてみると、たいへん驚くべき言葉です。
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」
反逆し続けているんだから、神様から見たら、滅ぼしてしまったらいいだろう。ちょうど、旧約聖書のノアの洪水のときのようにね。同じように、私たちも、滅ぼされても仕方がないかもしれません。繰返し、神に反逆をしている。しかし、それでも、愛してくださった。

 

カトウ:
うーん、たいへん驚くべき言葉か…。
いつもはそこまで驚いていないかも。
イエス様の自己犠牲に感謝ってくらいにしかヨハネ3:16を受け止めていないのかもなあ。

 

ナカガワ:
確かに、自己犠牲としても「そこまでやらなくても」ってどこか思ってしまうものね。
そもそも「独り子を与えるほどの愛」って今だったらSNSなんかできっと大炎上だよ。そんなの愛じゃないって。狂気だって。

 

カトウ:
逆にクリスチャンはなんで愛を感じるんだろう?
「世を愛された」だけ都合よく受け止めているのかも知れないけれど、それでもなぜ愛だと信じているんだろう?

 

続きを読む