救いの時は、いつ?

「福音を聞く-新約聖書への招き」。
番組の中で幸田和生司教は、聖書に書かれる世界の救いについて
この様に語られていました。

「それはどういうふうに実現するのか。この世界が突然理想的な世界に変容するとか、あるいはこの世界は完全に滅んで別の世界が用意されているとか、何か天変地異のように起こるのか。戦いによってもたらされるのか。突然人々が回心してそうなるのか。それはいつのことなのか。たくさんの疑問が浮かんできますけれども、新約聖書は必ずしも一つの答えを用意していると言えないと思います。」

正直、結局どうなるの??という思いを受けましたが、
みなさんはどうでしょうか。…

続きを読む>>

今日の番組を聴く 8/7(水)

FEBC TODAY―今日の聖書・今週の讃美歌
恵子の郵便ポスト・吉崎恵子
┗ 勇気を振り絞って神様に「お父様」と…
風を感じて―気付かされ、開かれる言葉・英 隆一朗
┗ 19 主の変容 マタイ17:1〜9
杉田太一『200字説教』
┗ 身をかがめて ヨハネ8:1〜11
Per Crucem ad Lucem―十字架を通って光へ(再)
┗ 6 現場のもどかしさの中で
聞こえるか、主イエスの鼓動が―大友愛郎説教選(再)
┗ 19 恵みの務め  ルカ3:15~17、21~22
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください。