讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

25.われらのためポンテオ・ピラトのもとに十字架につけられ、苦しみを受け

さて、この信条の箇所を読んで、なぜ信条は主イエス・キリストの誕生からすぐに死へと移っているのか?死の事柄を告白するのか?こういう疑問を持つ方もおありだと思います。新約聖書がたいへん細かく詳しく描いている主イエスのご生涯は、どこに告白されているのか?という疑問です。…こういう疑問に対して、宗教改革者のカルヴァンという人は、ジュネーブ教会信仰問答の問の55で、次のように言っています。『ここでは、私たちの贖いに固有な、従ってある意味で、その本質を含むことしか論じていないからです』

 

カトウ:
古代の信条って、正直物足りないです。
イエス様の奇跡とか癒やしとか教えとかもっと「愛」をイメージできることを言いたい!
個人的にはラザロの復活が好き。

 

ナカガワ:
個人的な感想は別として、誕生のあと、すぐ苦しみと死だものね。
ちょっと逆に変だよね。福音書に沿えば、奇跡や癒やしや教えも入れてもいいような気がする。

 

カトウ:
わざとっていうこと?
…じゃあ、やっぱりイエス様の十字架なんだ!

 


ナカガワ:
どういうこと?

 

カトウ:
だって、イエス様の奇跡も教えももちろん大切だけど、それがイエス様の目的なら、死んだら終わりでしょ。
もっと言えば、それだと復活してもしなくても同じような気がする。

 

ナカガワ:
…確かにそうだね。
十字架の前に立つ時、神の愛っていう言葉だけじゃ収まらない色々な思いが溢れてくるよね。
イエス様の苦しみ、死、僕ら人間の罪や苦しみ、神の赦し、そしてイエス様の復活、僕らの復活…。

皆さんは、十字架で苦しまれるイエス様の前に立つ時、どんな思いを持たれますか?
今回もぜひ放送を聞いて、思い巡らしてみてください。
ニカイア信条が告白しようとするその「思い」にご一緒に近づけられたら幸いです。


讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)
関川泰寛(東京神学大学教授、日本基督教団大森めぐみ教会牧師)
お相手:吉崎恵子

25 われらのためポンテオ・ピラトのもとに十字架につけられ、苦しみを受け

聴取期限9/30
(約22分)


ニカイア信条(関川泰寛訳)
われらは信ず。唯一の神、全能の父、天と地、すべて見えるものと見えざるものとの創造者を。

われらは信ず。唯一の主イエス・キリストを。主は神の御(おん)独り子、よろず世に先立って、御父(みちち)より生まれ、光よりの光、真(まこと)の神よりの真(まこと)の神、造られずして生まれ、御父(みちち)と同質にして、万物は主にあって成れり。主はわれら人間のため、またわれらの救いのために天より降り、聖霊により、おとめマリアより肉体をとり、人となり、われらのためポンテオ・ピラトのもとに、十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書に従って三日目によみがえり、天に上り、御父(みちち)の右に座したまえり。生ける者と死ねる者とを審(さば)くために、栄光をもって再び来たり給う。その御国は終わることがない。

われらは信ず。主にしていのちを与える聖霊を。聖霊は、御父(みちち)と御子(みこ)より出で、御父(みちち)と御子(みこ)と共に礼拝せられ、あがめられ、預言者を通して語られる。
われらは信ず。唯一の、聖なる、公同の使徒的教会を。われらは、罪の赦しのための唯一の洗礼に同意を表す。われらは、死人のよみがえりと来たるべき世の生命(いのち)とを待ち望む。