讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

46.われらは死人のよみがえりと来るべき世の生命とを待ち望む。アーメン(1)

キリスト教では、人間の肉体は朽ちゆくゆえに、何か一段低い劣ったものとは考えられていはいません。むしろ、肉体や物質は、神が創造したもうもののゆえに、元来は善なるものであり、それを用いて、神が栄光を現してくださると考えました。このことは逆にいえば、人間の罪ということも、ただ人間の心や魂の問題ではなくて、人間の全人格の問題ということになります。人間はその全存在・全人格において罪を犯すのであり、その罪の結果、死に服しているのです。

 

カトウ:
「人間の全存在・全人格が罪を犯す」って、あんなことをしてしまったとか、こんな悪いことを言ってしまったとかじゃなくて、「自分」そのものが罪ってこと?

 

ナカガワ:
こう言われちゃうと、どうしようもないよね。
だって、改善や頑張りっていうレベルのことじゃないもの。

 

カトウ:
じゃあ、どうしたら良いの?

続きを読む

今日の放送を聴く 2/11(火)

FEBC TODAY―今日の聖書・今週の讃美歌
恵子の郵便ポスト
┗ イエス様はなんと挑発的…
讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)・関川泰寛/吉崎恵子
┗ 46 われらは死人のよみがえりと来るべき世の生命とを待ち望む。アーメン(1)
杉田太一「200字説教」
┗ 兄弟愛 1ペテロ3:8〜12

┗ 20 救い出されている  コロサイ1:12〜14
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください