讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

47.われらは死人のよみがえりと来るべき世の生命とを待ち望む。アーメン(2)

使徒信条は「とこしえのいのちを信ず」と告白しています。それに対してニカイア信条は「来るべき世の生命」と言う事によって「この世」と「来るべき世」の質的な相違を強調していると見ることが出来ます。
…(中略)…
必ずいつか良いことがある、そういう心理作用の中で、何か少し希望を持つと言うことも、あるかもしれないですよね。この世はやっぱり良いことあるよ、帳消しになるよ。それを悪いっていうわけじゃないですよね、そういう風に考えるのは。
でも、キリスト教は、そうは考えないんですよね。究極的な現実は、私たちの歴史の現実ではないってことで、それを超えたところがあるってことなんです。

 

カトウ:
「来るべき世」ってあんまり真剣に考えたことないなあ。質的相違って言われても。

 

ナカガワ:
現実感ないものね。
でも、だからじゃない?違うって強調する必要があるのも。

 

カトウ:
どういうこと?

続きを読む

今日の放送を聴く 2/18(火)

FEBC TODAY―今日の聖書・今週の讃美歌
恵子の郵便ポスト
┗ 永遠の命について…
讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)・関川泰寛/吉崎恵子
┗ 47 われらは死人のよみがえりと来るべき世の生命とを待ち望む。アーメン(2)
杉田太一「200字説教」
┗ 若い人たちよ 1ペテロ5:5〜7

┗ 21 神はとこしえにわが心の力 詩篇73:13〜26
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください