恩寵の十字架

【一部業務休止のお知らせ】
新型コロナウィルスの感染拡大にともない2月27日(木)〜3月6日(金)までの期間、以下の業務を休止させていただきます。皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。
・ご献金、ご注文代金等の入金確認
・MP3ディスクなどの各種ご注文の対応
・お電話でのお問合せ


小林和夫先生による「ガラテヤ書に学ぶ」は今回で最終回。
「恩寵としての十字架」というテーマで語られます。

私たちの信仰の中心である「キリストの十字架」は、全く神の「恩寵」―賜物に他なりません。私たちの努力などに依るものではないのです。

キリスト教といえば十字架。その恩寵、つまり与えられる恵みといえば
「罪赦された」とか「イエスが身代わりになってくださった」そういうイメージであると思います。
もちろんその通りですし、それ以外の何物でもありません。
でも、小林先生はさらにその「恩寵」に一歩踏み込みます。

続きを読む>>