キリシタンと現代の宣教のつながりとは?

【新型ウィルス感染対策に伴う、一部業務遅れのお知らせ】
FEBCでは、2月下旬から、放送事業を最優先にした体制をとっており、そのため、一部の業務に以下のような遅れが生じております。

・ご献金などの入金の確認、MP3ディスクなどの各種お申込み対応に大幅な遅れが生じております。
・月刊誌およびラジオ毎月便の発送に遅れが生じる可能性がございます。
・ご希望者へのご献金領収書のご送付も来月以降となります。

大変申し訳ございません。深くお詫び致します。
皆さまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。


ローマ教皇が来日されてから、はや数カ月。
このことを記念して放送開始した、シリーズ「神への奉献」もこの3月で最終回です。
今回はレンゾ・デ・ルカ神父から
キリシタンと現代の宣教のつながりについてお聞きしました。

現代では「インカルチュレーション」という言い方をしますが、元々の文化の中にも、神様から与えられたいのちがあるのです。当時の宣教師たちは「自分たちが思っているよりも、日本人はキリスト教のことを理解できるのではないか」と良い意味での驚きを感じていたようで、ザビエルは「日本人ほどキリスト教に向いている国民はない」という言葉を残している程です。

続きを読む>>

今日の放送を聴く 3/16(月)

FEBC TODAY―今日の聖書・今週の讃美歌
恵子の郵便ポスト
┗ まだ教会に行けていない私でも…
Session―イエスのTuneに合わせて・早矢仕宗伯/塩谷達也/長倉崇宣
┗ 51 僕らの日常の只中で響く「愛の賛歌」(1) 1コリント13:4〜8
もう一つの響き・長倉崇宣
┗ 51 イエスの愛の物語
杉田太一「200字説教」
┗ その足台のもとにひれ伏そう 詩篇132:1〜18
故郷(こきょう)のイエス―ケセン語で聴く福音・山浦玄嗣
┗ 24 ルカ22:54〜62
祈りのうた―教会聖歌隊を訪ねて
┗ 24 讃美歌21・87「罪なき子羊」
御足の跡を・小池与之祐氏
┗ 高齢者の福音 ヨハネ13:34〜35
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください。