旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第1編(2)

神に従う人の道を主は知っていてくださる。
神に逆らう者の道は滅びに至る。

“神に従う人の道は、神が心得ていてくださる道、
もう一方は、いわば自滅する道です。” by雨宮神父

***

<今日のポイント>

神に従う人と、逆らう人の“対照的な姿”「神に従う人」3/その人は流れのほとりに植えられた木。/ときが巡りくれば実を結び/葉もしおれることがない。/その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。「神に逆らう人」4/神に逆らう者はそうではない。/彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。/5/神に逆らう者は裁きに堪えず/罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。6/神に従う人の道を主は知っていてくださる。/神に逆らう者の道は滅びに至る。


ここではキアスムスという変化を表す修辞法を用い、神に従う人と逆らう人を対照的に描いています。
なぜここまで、“対照的な姿”を強調するのでしょうか?

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

2 詩編 第1編(2)

聴取期限4/24
(約22分)

続きを読む