旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第2編(1)

すべての王よ、今や目覚めよ。
地を治める者よ、諭しを受けよ。

“イスラエルの王に謀反を起こした地上の王たちへの忠告が
とても強調して語られています。” by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“詩編作者の忠告”「詩編作者」王たちの企み(A)2節・なにゆえ、地上の王は構え、支配者は結束して主に逆らい、主の油注がれた方に逆らうのか
「神」自らの宣言(B)4〜6節・天を王座とする方は笑い・・・怒って、彼らに宣言される。「聖なる山シオンで/わたしは自ら、王を即位させた。」
「王とされた人物」神の言葉(B’)7、8節・主はわたしに告げられた。「お前はわたしの子/今日、わたしはお前を生んだ。」
「詩編作者」王たちへの忠告(A’)10、11節・すべての王よ、今や目覚めよ。地を治める者よ、諭しを受けよ。畏れ敬って、主に仕え/おののきつつ、喜び踊れ。


詩編2編に登場するのは、詩編作者、神、神によって王とされた人物の3人。
この3人の言葉の中で一番強調されているのは“詩編作者の王たちへの忠告”だと雨宮神父はおっしゃいます。
でも、この忠告には“大きな問題”があるのだとか…。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

3 詩編 第2編(1)

聴取期限5/1
(約22分)

続きを読む