旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第3編(2)

多くの者がわたしに言います
「彼に神の救いなどあるものか」と。

“この詩編のテーマは、不安から確信への「転換」。
どうしたら、「救いはある」という信頼に生きることができるのでしょうか。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

まなざしの“転換”

詩編3編2〜7節
「敵への不安」2−3節:主よ、わたしを苦しめる者はどこまで増えるのでしょうか。・・・「まなざしの転換」4節:主よ、それでもあなたはわたしの盾 わたしの栄え・・・5節:主に向かって声をあげれば聖なる山から答えてくださいます。6節:身を横たえて眠りわたしはまた、目覚めます。主が支えていてくださいます。「確信」7節:いかに多くの民に包囲されても決して恐れません。


夜は不安を語っていた信仰者が、
朝になると、確信の中に生き始めた、と言います。
“いかに多くの民に包囲されても 決して恐れません。”
一体どんな道をたどって、確信へと至ったのでしょうか?

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

6 詩編 第3編(2)

聴取期限5/22
(約22分)

続きを読む