旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第7編(1)

主よ、敵に対して怒りをもって立ち上がり・・・
裁きを命じてください。

“ ここでの「裁き」は、
秩序が破壊されていることが前提になっています。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“裁き”の意味/詩編7編7節主よ、敵に対して怒りをもって立ち上がり
/憤りをもって身を起こし/わたしに味方して奮い立ち/裁きを命じてください。/・「裁き」/前提となるのは、あるべき秩序が破壊されている状況。/→裁きとは、神によって秩序が回復されること。/・「裁き」(=神による秩序の回復)の2つの側面/秩序を破壊した者:審判/秩序の破壊に苦しむ者: 救い


神父様曰く、“一般的にヘブライ語は日本語より広い意味合いを持っており、
日本語に訳すと、ある面が消えてしまう”のだとか。
今回の「裁き」も、そういう言葉の一つだと言います。
どんな意味がそこには隠されているのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

9 詩編 第7編(1)

聴取期限6/12
(約23分)

担当者トマ子のつぶやき

「裁きを命じてください」に、
「救いを命じてください」の意味があったとは・・・!
そもそも、詩編作者は敵への裁きを求めるほど苦しい状況にいて、
救いを求めているのですね。

でも、“「裁き」は、秩序を破壊した者にとっては、審判の意味。
その下で苦しむ者にとっては、救いになりうる”
との神父様の言葉に、一瞬立ち止まってしまいました。
つまり、敵への審判がわたしたちの救いだってこと?
更に、詩編作者は
「あなたに逆らう者を災いに遭わせて滅ぼし」と祈っているんですよね〜。
この祈りは、まさに“敵への審判”のことだそう。

えーそんな!
敵への審判、そして敵の滅びが、わたしたちの救いだなんて。
どんなに苦しめられているとは言え、そんなふうに主なる神様に祈るなんて・・・
詩編作者の方、ごめんなさい。分かりません〜!!
・・・このもやもや、来週まで続きそうです。