旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第14編(1)

神を知らぬ者は心に言う
「神などない」と。

“神を知らぬ者、直訳は「愚かな者」です。
ですが、私たちの考える愚かさとは、違いがあります。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

聖書の語る“愚かさと賢さ”/詩編14編1,2節/1節:神を知らぬ者は(=ナーバール)心に言う 「神などない」と。〈神を知らぬ者〉ナーバール―愚かな人・・・神への感覚が欠如しており、心で神に出会うことがない。/2節:主は・・・探される 目覚めた人、(=サーハル)神を求める人はいないか、と。〈目覚めた人〉サーハル―賢い人・・・物事の裏側に神の計画を見、それにあわせて生きる。


神を知らぬ者は、「愚かな者」?
神父様、それは言い過ぎでは・・・!
それなら、神を知っている人は、賢い人?偉い人?
う〜ん、どうもしっくりきません。
それは一体どんな「愚かさ」なのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

13 詩編 第14編(1)

聴取期限7/10
(約23分)

続きを読む

今日の番組を聴く 6/27(土)

旧約聖書のこころ―詩編(再)・雨宮慧
┗ 13 詩編 第14編(1)
Kishikoのひとりじゃないから・Kishiko
┗ その流れの中にさえ
杉田太一「200字説教」
┗ 義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである マタイ5:10〜12
交わりのことば―聖書の豊かさ
┗ 26 私を生かす源、その識別を求めて(再)
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください。