旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第14編(1)

神を知らぬ者は心に言う
「神などない」と。

“神を知らぬ者、直訳は「愚かな者」です。
ですが、私たちの考える愚かさとは、違いがあります。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

聖書の語る“愚かさと賢さ”/詩編14編1,2節/1節:神を知らぬ者は(=ナーバール)心に言う 「神などない」と。〈神を知らぬ者〉ナーバール―愚かな人・・・神への感覚が欠如しており、心で神に出会うことがない。/2節:主は・・・探される 目覚めた人、(=サーハル)神を求める人はいないか、と。〈目覚めた人〉サーハル―賢い人・・・物事の裏側に神の計画を見、それにあわせて生きる。


神を知らぬ者は、「愚かな者」?
神父様、それは言い過ぎでは・・・!
それなら、神を知っている人は、賢い人?偉い人?
う〜ん、どうもしっくりきません。
それは一体どんな「愚かさ」なのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

13 詩編 第14編(1)

聴取期限7/10
(約23分)

担当者トマ子のつぶやき

今日のお話を聞いて、
「神を求める」イメージが、すっかり変わってしまいました。

神父様はお話のなかで、
「物事の背景を洞察し、神の計画を見抜き、それに合わせて生きる人。
聖書の述べる賢さは、神を求めることです。」
とおっしゃいました。
え〜神を求めるって、まず「物事の背景を洞察」することなんですか?と。

神を求めるといったら、聖書を開く、御言葉を聞く、イエス様に祈る・・・!
それに、物事を洞察するどころか、私はいつも現実の物事から逃げるようにして
主イエス様にお祈りしています・・・。
これじゃ、神様を求められていないんだ!
どうしよう、とため息です。

自分にとって嬉しいことは、
「きっと神様のご計画だ」って、とても簡単に神様を見つけます。
でも、そうでない時、その現実と向き合って、主を求める・・・?
さらに、そのみ心に合わせて生きる!
・・・はぁ、なんて私から遠いのでしょうか。
主イエス様、どうか、本当にあなたを求めさせてください。