「新しい人を着る」


聖書を読んでいると、独特な、不思議な表現にぶつかることがあります。
今回の「闇の中に輝く『獄中書簡』」では、
小林和夫先生が「新しい人を着る」という言葉についてお話をしてくださいました。

エペソ4章22節にこう書いてあります。「すなわち、あなたがたは、以前の生活に属する、情欲に迷って滅び行く古き人を脱ぎ捨て、心の深みまで新たにされて、真の義と聖とをそなえた神にかたどって造られた新しき人を着るべきである。」ここでは、クリスチャンの信仰の経験を描写しています。…これは二度にわたって、一回は古い人を脱いで、そして新しい人を着るということではありません。私たちの心の、魂の体験からいいますと、クリスチャンになるということは、古き人を脱ぐということと新しい人を着るということは同時動作です。

続きを読む>>

今日の番組を聴く 6/29(月)

FEBC TODAY―今日の聖書・今週の讃美歌
恵子の郵便ポスト
┗ 私も本気で信じるべき時…
いちじく桑の木登り―わたしの教理問答(再)・石居基夫
┗ 13 イエス・キリスト その4―十字架のあがない―
杉田太一「200字説教」
┗ 世の光 マタイ5:14〜16
Echo of Voices・長倉崇宣
┗ 【特別編】心を合わせ祈る時を〜新型コロナウィルス蔓延を受けて〜神様に祈りながら、本当は死なせてほしいと…
御足の跡を・小池与之祐氏
┗ 神様がなさろうとしておられる ヨハネ20:19〜23
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください。