旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第15編(1)

主よ、どのような人が、あなたの幕屋に宿り
聖なる山に住むことができるのでしょうか。

“この詩編は、「神殿入場祭儀」との関わりが
実に大切です。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“幕屋”が表すもの/詩編15編1節:主よ、どのような人が、あなたの 幕屋 に宿り聖なる山に住むことができるのでしょうか。幕屋/1,遊牧民の天幕/2,住居/3,神殿(移動聖所→エルサレム神殿)/〈イスラエル定住前:移動聖所〉・モーセは・・・それを臨在の幕屋と名付けた。(出エジプト33:7)〈イスラエル定住後:エルサレム神殿〉・あなたの幕屋にわたしはとこしえに宿り(詩編61:5)・エルサレムを見る。それは・・・移されることのない天幕。(イザヤ33:20)


詩編15編は、一見シンプルな「問いと答え」の詩編に見えますが、
そうではないのだとか・・・。
背景には、神殿入場祭儀という祭儀があり、
これが大切なのだ、と!
詩編と祭儀、ここにどんな関わりがあるのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

15 詩編 第15編(1)

聴取期限7/24
(約23分)

続きを読む