旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第26編(2)

悪事を謀る者の集いを憎み・・・

“ここでは、悪人を拒絶する強い意志が表されています。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

悪人との“対比”/詩編26編5-10節◇原文/悪を憎む/5節 悪を行う者たちの集いをわたしは憎んだ/(わたしの手)/6節 わたしの手を潔白さの中で洗うだろう...7節 ...すべてあなたの驚くべき業を物語るために/主を愛する/8節 主よ、わたしは愛した/あなたの家の住まいを あなたの栄光の宿営の場所を/(悪人の手)/9節 わたしの魂を罪人たちと共に...集めないで下さい/10節 悪事が彼らの手の中に 彼らの右手は賄賂で満ちている


偽る者、欺く者、悪事を謀る者、
そういう人と共にいることはしない!
そんな詩編作者の意志が感じられる、今日の詩編。
その強い意志には、一体なにが隠されているのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

20 詩編 第26編(2)

聴取期限8/28
(約23分)

担当者トマ子のつぶやき

こんなに何度も、“悪人と共に座らない”と告白しているのを聞くと、
この詩編作者は、悪事を働く沢山の人に囲まれていたのかも?
そう想像してしまいました。
悪人とどう向き合うべきか…
きっと神様からの問いかけとして悩んだに違いありません。

なんて厳しい状況、なんて厳しい問いなのでしょう・・・。
でも、だからこそ、“悪人を拒絶する”
そして、“私はあなたを愛する”という告白を、
どれほど神様は喜んだのだろう!と思います。

でも正直、悪事、賄賂なんて私には縁がないな〜と思っていました。
だから、神父様がおっしゃった、
“人間の願望に耳を傾けること、それは結局悪人と共にいることになる。”
この言葉に、立ち止まりました。
人間の願望に聞くこと、これはまさに私の問題です。
私こそ“主を愛し”、悪からお救い下さい、
そう祈るべき人間だったのですね・・・。