旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第29編(2)

主の御声は輝きをもって響く

“詩編29編では、「主の御声」が7回登場します。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“主の御声”が表すもの/詩編29編3-9節/雷鳴/3: 主の御声は水の上に響く。/・・・神の雷鳴はとどろく。/4:主の御声は力をもって響き/・・・輝きをもって響く。/落雷/5: 主の御声は杉の木を砕き/・・・レバノンの杉を砕き/稲光/7: 主の御声は炎を裂いて走らせる。/8: 主の御声は荒れ野をもだえさせ/・・・カデシュの荒れ野をもだえさせる。


「主の御声」がどれほど力強いのか、
様々な自然現象と共に語られる詩編29編。
でも実は、この詩編には元歌があったのだとか。
神父様、一体どういうことなのでしょう?


旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

26 詩編 第29編(2)

聴取期限10/9
(約23分)

担当者トマ子のつぶやき

カナンの歌が元歌だったのですね〜。
その昔、イスラエル民族は、約束の地・カナンに入った後、色んな影響を受けたと言いますよね。
この詩編も、そもそもカナン人から歌を伝え聞いていなければ、
作られることもなかったはずです。

それにしても、歌を伝え聞くなんてとても親しみを感じます。
私も、違う教派の教会の礼拝に行く時、
まず、どんな賛美を歌うのかな?とワクワクしながら、
初めての歌を、よ〜く聞いて覚えようとします。
外国語の勉強も、まずは歌から!
歌を聞いて違う文化に触れるって、古代も今も変わらないのかもしれません。

でも、それがカナン人の神様を歌った歌で、
それを、主への歌に変えてしまうなんて、
本当に大胆です・・・!
でも、そこに深い知恵も感じます。
色んな神々に囲まれる日常の中で、揺るぎなく主に応える、この詩編。
もしかして、それも大切な信仰生活の務め・・・?
そんなことを感じました。