旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第34編(1)

わたしの魂は主を賛美する。

“この詩編は、「魂」という言葉で囲い込まれています。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“貧しい人”に願うこと/詩編34編3節◇原文/わたしの魂は主を誇る。/貧しい人たち は聞くだろう、/そして彼らは 喜ぶだろう 。/■貧しい人=アナビーム/・圧迫され、苦しんでいる人/・ひたすら神に信頼をおく人/■聞くだろう 喜ぶだろう/・未完了形=話者の強い願い


魂を贖い出してくれた主を賛美する・・・
これがこの詩編のテーマだと言います。
その中で、今回解き明かされるのは、
“貧しい人”への呼びかけです。
その呼びかけには、どんな思いが潜んでいるのでしょうか。

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

29 詩編 第34編(1)

聴取期限10/30
(約23分)

担当者トマ子のつぶやき

私の賛美を聞いて喜んでほしい、
そう呼びかけられている“貧しい人”・・・
実際、どんな人だったのだろうと考えてしまいました。

圧迫され、苦しめられ、でもひたすら神を信頼する・・・。
それって、簡単にできることじゃないな、
とても忍耐強い信仰者だな思いました。
でも、神様を信じてはいるけど、
生きる喜びは失ってしまっているんじゃないかな、とも思いました。
きっと、それほど厳しい現実があったのですよね。
想像すると、こちらも胸が痛くなりそうです。

でも、そんな人に対して、
“私の賛美を聞いて、喜んでほしい”と。
正直、この言葉に、そんな!と思いました。
主への賛美が、喜び・・・?
この人にとっては、現実の苦しみがなくなることこそ喜びじゃないの?と。
でも、本当はどっちなのでしょうか。
本当の喜びはどこにあるのか、
そして、この言葉が何を求めているのか・・・今、大きな問いをいただいた気持ちです。