虚しさを選ばれしキリストの道―もう一つの宗教改革

この番組は2017年に宗教改革500年を記念し、
「不条理の苦しみ」というテーマについての対談を放送した特別番組でした。

でも、それがどうして宗教改革の記念企画になったのか?とお思いになられる方も多いのではないでしょうか。
そこには、宗教改革500年記念の合同礼拝が、長崎のカトリック浦上教会で行われた事が大きく関わっています。

古巣馨神父の言葉を引用します。

「宗教改革500年というプロテスタントの記念行事を、何故カトリックの浦上教会で行うのか。その理由は、72年前の被爆―そして、江戸時代にキリシタンたちが毎年踏み絵を踏んできた、長崎・浦上の『土地の召命』だと考えています。…

続きを読む>>