人の業が尽き果てたところから―日本基督教団の実情を聞く


コロナウイルス感染拡大を受けての特別番組シリーズ「『時のしるし』を求めて」
今回は日本基督教団総幹事を務められている秋山徹先生にお話を伺っています。

高齢化の現実は非常に大きな問題です。日基教団の場合、今、教会を支えている主要メンバーは70歳代で、一年に一つの教区が消える程の急速な教勢低下という深刻な事態にあります。各地の教区総会に出席しても、伝道所の廃止・教会の解散がいつも議題となり、そして将来見通しとして、教会財政は2030年には半分となる予測です。現実に、10年以上活動が無い教会や、信徒が一人もおらず建物が廃墟のようになっているところがいくつもあります。日基教団には約1700の教会がありますが、その約1割は休眠状態です。

続きを読む>>