「光あれ」


中川博道神父による「イエスとの対話の旅―現代霊性神学講座」
今回のサブタイトルは「光あれ―崩壊と混沌の中で歩み出す霊性」です。
もちろんこの「光あれ」とは、聖書のはじめにあるとても有名なフレーズですね。

初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。(創世記1:1〜5)

続きを読む>>

今日の番組を聴く 12/7(月)

FEBC TODAY―今日の聖書・今週の讃美歌
恵子の郵便ポスト
┗ 聖書読み20年、信仰が欲しい
神父さま、こんなこと聞いてもいいですか?(再)・百瀬文晃
┗ 10 死んだらおしまい?
杉田太一「200字説教」
┗ 信じないならば イザヤ7:1~25
Echo of Voices・長倉崇宣
┗ イエスさまは信じているけど、クリスチャンが怖い
御足の跡を・小池与之祐氏
┗ 神の農村伝道 詩編126:5〜6
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください。