教会は鳥の巣―聖公会から見る主イエスのコンパッション


コロナウイルス感染拡大を受けての特別番組シリーズ「『時のしるし』を求めて」
今回は日本聖公会中部教区主教、立教大学文学部教授の西原廉太先生にお話を伺っています。

タイトルにもある通り、聖公会の教会は、「鳥の巣」なのです。と語られる西原先生。
でも「鳥の巣」とは一体何を指すのでしょうか…?
その端的な特徴をこうして述べてくださいました。

私が働いております立教大学は、1874年に宣教師ウィリアムズによって建てられたわけですが、彼は教会より先に学校を建てるわけです。また、後には聖路加病院も建てられますが、聖公会の宣教師たちが何故そうしたのかと言えば、それらは決して「伝道のツール」ではないのです。彼らにとってはそれが牧会ということなのです。

続きを読む>>