旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第37編(1)

悪事を謀る者のことでいら立つな。
不正を行う者をうらやむな。

“まず、この「悪事を謀る」、「いら立つ」という言葉が対応しています。”by雨宮神父

<今日のポイント>

“いら立つ”の意味/詩編37編1節/悪事を謀る者のことでいら立つな。/1,ねたむ夫が嫉妬にかられて、妻に疑いを抱くなら...(民数記5:14)/2,羨むラケルは...姉をねたむようになり、(創世記30:1)/3,熱望する「わたしは万軍の神、主に情熱を傾けて仕えてきました。」(列王記上19:10)/4,嫉妬深い怒りに駆り立てる彼らは...わたしのねたみを引き起こし(申命記32:21)

担当者トマ子のつぶやき

「いら立つな」との諭しから始まる詩編37編。
悪人に心揺さぶられる人を前に、
詩編作者はどんな道を説くのでしょうか。
今回はその第一段落を解き明かしていただきます。

続きを読む