旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第41編(2)

わたしは申します。
「主よ、憐れんでください。」

“「申します」ではなく、「言った」と過去の形で訳すこともできます”by雨宮神父

<今日のポイント>

さまざまな解釈の可能性ー訳の違いー/詩編41編5,12-13節/〈新共同訳〉5:わたしは申します。「主よ・・・」/12:そしてわたしは知るでしょう/13:どうか無垢なわたしを支え/・・・御前に立たせてください。/〈口語訳〉5:わたしは言った、「主よ・・・」/12:わたしは知ります。/12:あなたはわたしの全きによって、わたしをささえ、/・・・み前に置かれます。

担当者トマ子のつぶやき

言葉に曖昧さがあり、
それゆえ、いろいろな解釈ができる。
そんなヘブライ語の特徴が現れているという詩編41編。
今日は、その後半をお話いただきます。

続きを読む

今日の番組を聴く 3/13(土)

旧約聖書のこころ―詩編(再)・雨宮慧
┗ 50 詩編 第41編(2)
Kishikoのひとりじゃないから・Kishiko
┗ 思わぬ転倒での気付き
杉田太一「200字説教」
┗ 道 詩編1:1〜6
FEBC特別番組
┗ シリーズ「共に生きる」 4 「聴く」という絆―クリスチャン自死遺族自助グループ「ナインの会」の活動から
荒野の泉・主の祈り
↑聴きたい番組名を選んでください。