讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

3.神の啓示を受ける

「兄弟たち、あなたがたにはっきり言います。わたしが告げ知らせた福音は、人によるものではありません。 わたしはこの福音を人から受けたのでも教えられたのでもなく、イエス・キリストの啓示によって知らされたのです。」
(ガラテヤの信徒への手紙1章11節から12節)

カトウ:
「わたしが告げ知らせた福音は、人によるものではありません。」
さすが、パウロです。
イエス・キリストの啓示だと…神様から直でもらってる感、強調してますよね。

 

ナカガワ:
自分はこんなふうには言えません。
だって、物心つく前から教会にいて、個人的に信じる前から、「イエスとは…、神とは…、救いとは…」って教会で教えられて来たからね。

 

カトウ:
そう、そう。
パウロも別に「この福音は、ペテロたちからちゃんと聞いて…」と言っても良さそうなものなのに。
単に自己主張が強い人?
続きを読む

さあ、砕かれ、泣こう。イイススの愛に。


「人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」。
(マルコによる福音書10章45節)

主はエルサレムへ向かう道で弟子たちに予告しました。
ご自身がやがてエルサレムの宗教的権威者たちに捕らえられ、ローマ人たちに引き渡され、「あざけられ」「つばをはきかけられ」「むち打たれ」「ついに殺されて」しまう。しかし三日目によみがえるだろうと。

弟子たちにはこの意味がわかりません。…

続きを読む>>

さあ、砕かれ、泣こう。イイススの愛に。


「人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」。
(マルコによる福音書10章45節)

主はエルサレムへ向かう道で弟子たちに予告しました。
ご自身がやがてエルサレムの宗教的権威者たちに捕らえられ、ローマ人たちに引き渡され、「あざけられ」「つばをはきかけられ」「むち打たれ」「ついに殺されて」しまう。しかし三日目によみがえるだろうと。

弟子たちにはこの意味がわかりません。…

続きを読む>>