讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

24.聖霊により、おとめマリアより肉体をとり、人となり

(処女降誕について…)
人間の世界ではありえないことが書かれている。だから信じられない。逆に信じることしか出来ない。いくら証拠を積み重ねて語ったとしても、証明することはできません。ですから、私たちが受け入れるかどうか。しかし、よく考えてみると、マリア自身も、そういう姿勢で、イエス・キリストの母になった。マリアも、私はまだおとめであるということを、よく自覚していたと思いますよね。しかし、にもかかわらず、マリアは、やがて、イエス・キリストを宿すということを受け入れるわけです。そういう決断をした。そういう女性なんです。

 

カトウ:
マリアって、確かにすごいよね。まだ少女っていう歳だったはずなのに。

 

ナカガワ:
でも、関川先生は「人間の世界ではありえないことが書かれている。
だから信じられない。逆に信じることしか出来ない。」って。

 

カトウ:
普通は「信じられない→信じ(られ)ない」なのに…。
頑張って信じるのが信仰ってこと?

 

続きを読む

聖書の中の「ラブソング」

今回の「Session―イエスのTuneに合わせて」のテーマは
ずばり「雅歌」なのですが…

みなさんはこの書をちゃんと読んだことありますか?
私は…正直無いです(笑)

聖書の順番で言えば人生の虚しさを指摘する
「コヘレトの言葉」の次ですけれども、
それとガラッと趣を変えて、こんな男女の間柄の甘い歌詞が綴られている…
通読するたびに、ここはどう受け止めたらよいのやら…と戸惑うんですよね。…

続きを読む>>

聖書の中の「ラブソング」

今回の「Session―イエスのTuneに合わせて」のテーマは
ずばり「雅歌」なのですが…

みなさんはこの書をちゃんと読んだことありますか?
私は…正直無いです(笑)

聖書の順番で言えば人生の虚しさを指摘する
「コヘレトの言葉」の次ですけれども、
それとガラッと趣を変えて、こんな男女の間柄の甘い歌詞が綴られている…
通読するたびに、ここはどう受け止めたらよいのやら…と戸惑うんですよね。…

続きを読む>>