旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第29編(2)

主の御声は輝きをもって響く

“詩編29編では、「主の御声」が7回登場します。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“主の御声”が表すもの/詩編29編3-9節/雷鳴/3: 主の御声は水の上に響く。/・・・神の雷鳴はとどろく。/4:主の御声は力をもって響き/・・・輝きをもって響く。/落雷/5: 主の御声は杉の木を砕き/・・・レバノンの杉を砕き/稲光/7: 主の御声は炎を裂いて走らせる。/8: 主の御声は荒れ野をもだえさせ/・・・カデシュの荒れ野をもだえさせる。


「主の御声」がどれほど力強いのか、
様々な自然現象と共に語られる詩編29編。
でも実は、この詩編には元歌があったのだとか。
神父様、一体どういうことなのでしょう?


旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

26 詩編 第29編(2)

聴取期限10/9
(約23分)

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)9/26

雨宮 慧(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

26 詩編 第29編(2)

聴取期限10/9
(約23分)


ライブラリのご案内
「旧約聖書のこころ―詩編―」
MP3ディスク 全4巻 各22分×24〜28話 /約9〜10時間
詳細、お求めはこちらへ>>(FEBCライブラリショップサイト)