旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第38編(2)

わたしの主よ、わたしの願いはすべて御前にあり
嘆きもあなたには隠されていません。

“ここで、姿を消していた神が再び登場します。”by雨宮神父

<今日のポイント>

“敵と神”それぞれへの態度/詩編38編14,16-19節/◇敵に対して/14:わたしの耳は...聞こうとしません。/口は...開こうとしません。/◇神に対して/16:主よ、わたしはなお、あなたを待ち望みます。/17:わたしは願いました。.../19:わたしは自分の罪悪を言い表そうとして/...苦悩しています。

担当者トマ子のつぶやき

自らの罪に苦悩し、
ひたすら神に祈る、この詩編作者。
今日の箇所では、そこに敵の存在も加わってきます。
私、神、そして第三者・・・
この関係の中で、作者はどんな祈りを捧げるのでしょうか。

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)2/6

雨宮 慧(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

45 詩編 第38編(2)

聴取期限2/19
(約23分)


ライブラリのご案内
「旧約聖書のこころ―詩編―」
MP3ディスク 全4巻 各22分×24〜28話 /約9〜10時間
詳細、お求めはこちらへ>>(FEBCライブラリショップサイト)

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第38編(1)

主よ、怒ってわたしを責めないでください。

“この詩編は、伝統的に7つの悔い改めの詩編のひとつとされています。”by雨宮神父

<今日のポイント>

名詞“アーボーン”の意味/詩編38編5節/わたしの罪悪(=アーボーン)は頭を超えるほどになり.../・この【罪】は、お前たちにとって...(イザヤ30:13)/・若い日の【罰】をも今なお負わせられる。(ヨブ13:26)/・カインは主に言った。「わたしの【罪、罰】は重すぎて負いきれません。...」(創世記4:13)

担当者トマ子のつぶやき

詩編38編の作者は、
自らの罪を認め、それによって病を得たと告白します。
罪と、罰。
このふたつの関係を、詩編38編は、
そして私たちはどう捉えているのでしょうか。

続きを読む