こわれた水ため


番組「嘆きに応える神の御言」の中で、
金田先生はこのエレミヤの預言に立ち止まります。

生ける水の源であるわたしを捨てて、自分で水ためを掘った。
それは、こわれた水ためで、水を入れておくことのできないものだ。(エレミヤ2:13)

「水ため」とはもちろん比喩です。
生きるために大切な何かをためておく所。…

続きを読む>>

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

33.われらは信ず。主にしていのちを与える聖霊を(1)

キリスト教を理解する時に、イエス様の時代が純粋として、三世紀・四世紀になるとすぐに堕落したと言うのは決して正しくありません。イエス様に出会った人たちが色んな事を考えながら、また、色んな教えに出会いながら…時代の嵐の中をかいくぐってキリスト教の信仰は伝えられているわけで、その先人たちの信仰の歩み、軌跡は無視することが出来ません。

 

カトウ:
えー、でも教会でも何でも、段々とダレてくるってあるよね

 

ナカガワ:
あるよね。いわゆる「形骸化」ってやつね。
伝言ゲームみたいに、伝えていく中で、中身が代わっちゃう的に。

 

カトウ:
そうそう。
で、教会のスローガンはいつも「原点に戻れ!」
とくにプロテスタント教会は、宗教改革とか原始教会とかが原点だって。

 

続きを読む

こわれた水ため


番組「嘆きに応える神の御言」の中で、
金田先生はこのエレミヤの預言に立ち止まります。

生ける水の源であるわたしを捨てて、自分で水ためを掘った。
それは、こわれた水ためで、水を入れておくことのできないものだ。(エレミヤ2:13)

「水ため」とはもちろん比喩です。
生きるために大切な何かをためておく所。…

続きを読む>>