弱さ―神が近づいてくる道

今回の「Session―イエスのTuneに合わせて」で取り上げられた聖書箇所はこちら。

この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。だから、憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではありませんか。(ヘブライ4:15-16)

番組中、スタッフの長倉が
「神様が人間に同情するのかと、今回改めて思ったんですね。」
と言っていましたが、みなさんはどうでしょうか?

続きを読む>>

証明者から証言者への回帰―出会いに生きる福音派教会の模索

コロナウイルス感染拡大を受けての特別番組シリーズ「『時のしるし』を求めて」
今回は、日本ホーリネス教団川越のぞみ教会牧師、東京聖書学院教頭、
東京ミッション研究所総主事の西岡義行先生にお話を伺っています。

少子高齢化などの課題で、「教会が社会に開かれていないのが問題」という声を聞きます。しかし、私はその問題意識そのものが問題ではないかと思うんです。これらには、「自分たちの教会」の維持発展のために社会を利用するという自己中心的な罪深い姿があるのではないでしょうか。

ズバリ!なご指摘です。…でも教会の歴史をたどると、絶えずこのような論争は存在しました。
教会の役割とは何か?果たすべき使命とは?教会が問われ続けてきた事です。…

続きを読む>>

証明者から証言者への回帰―出会いに生きる福音派教会の模索

コロナウイルス感染拡大を受けての特別番組シリーズ「『時のしるし』を求めて」
今回は、日本ホーリネス教団川越のぞみ教会牧師、東京聖書学院教頭、
東京ミッション研究所総主事の西岡義行先生にお話を伺っています。

少子高齢化などの課題で、「教会が社会に開かれていないのが問題」という声を聞きます。しかし、私はその問題意識そのものが問題ではないかと思うんです。これらには、「自分たちの教会」の維持発展のために社会を利用するという自己中心的な罪深い姿があるのではないでしょうか。

ズバリ!なご指摘です。…でも教会の歴史をたどると、絶えずこのような論争は存在しました。
教会の役割とは何か?果たすべき使命とは?教会が問われ続けてきた事です。…

続きを読む>>