「わたしの身によって」

今回の「闇の中に輝く『獄中書簡』」では、
パウロの言葉を手がかりに、小林和夫先生が「福音的死生観」というテーマでお話をしてくださいました。

「そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。」(ピリピ人への手紙1章20節)

この箇所を聖書で読んだ時に、
どんなことを思い浮かべるでしょうか?…

続きを読む>>

「わたしの身によって」

今回の「闇の中に輝く『獄中書簡』」では、
パウロの言葉を手がかりに、小林和夫先生が「福音的死生観」というテーマでお話をしてくださいました。

「そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。」(ピリピ人への手紙1章20節)

この箇所を聖書で読んだ時に、
どんなことを思い浮かべるでしょうか?…

続きを読む>>

「わたしの身によって」

今回の「闇の中に輝く『獄中書簡』」では、
パウロの言葉を手がかりに、小林和夫先生が「福音的死生観」というテーマでお話をしてくださいました。

「そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。」(ピリピ人への手紙1章20節)

この箇所を聖書で読んだ時に、
どんなことを思い浮かべるでしょうか?…

続きを読む>>