番組案内

FEBCネットラジオでは全26番組を放送中。
どの番組も2週間(一部番組は4週間)お聴きいただけます。

「どんな番組があるの?」
「どれを聞いたらいいのかわからない」
というかたのために、全番組をご紹介します。

まず、どんなジャンルの番組があるかというと・・・

今クールの新番組
礼拝番組
聖書の話
信仰生活を深めるために
お便り紹介
神様が私にしてくれたこと
賛美歌・聖歌
音楽とトーク
日々のことば
FEBCからのメッセージ

と、こんな感じです。
ではここからは、番組をひとつずつご紹介していきますね。
それぞれの番組の画像をクリックすると、その番組を聴くページが開きます。

今クールの新番組

光、イイススというお方(ゲオルギイ松島雄一)

光、イイススというお方(毎週火曜放送)
ご出演:ゲオルギイ松島雄一(日本正教会大阪ハリストス正教会管轄司祭)

カトリックやプロテスタントといった西方教会と共に、もう一つの神の家族である東方教会と呼ばれる正教会の、ゲオルギイ松島雄一神父がお話しくださいます。
そのストレートで大胆な言葉は、教会の垣根を超えて、私たちの心を揺さぶり、目覚めさせます。
そこで見出す、この私を救うお方、主イイスス・ハリストスというお方を、共に仰ぎたいと願います。

* * *

風を感じて―気付かされ、開かれる言葉(英隆一朗)

風を感じて―気付かされ、開かれる言葉(毎週水曜放送)
ご出演:英隆一朗(カトリック・イエズス会司祭、麹町教会主任司祭)

聖書の言葉を巡ってご専門の黙想指導の中から溢れてきた思い…。
お話しくださるのは、カトリック・イエズス会司祭・麹町教会主任司祭の英隆一朗神父。

そこにある、ホッとし、はっとする気づき。
今を生きる私の意味、そして主イエスのささやきに気づかせてくれる聖霊の息吹を、各地でなされたミサや講話からお届けします。

2000年の歴史を持つキリスト教。その軽やかさ、広がりに触れる番組です。

* * *

あなたの苦しみに、私もいるだろう―ヨハネの黙示録(村上 伸)

あなたの苦しみに、私もいるだろう―ヨハネの黙示録(毎週木曜放送)
ご出演:村上 伸(日本基督教団元牧師)

FEBCで多くの人の心を打ってこられた村上伸先生の新番組が始まります。
その名も「あなたの苦しみに、私もいるだろう―ヨハネの黙示録」。
2017年に天に召された村上伸先生による説教を、日本基督教団代々木上原教会のご協力のもと、その肉声でお届けするこの番組。
謎に満ちたヨハネの黙示録を読む手がかりはどこにあるのか。迫害の中、ヨハネがひたむきに聴きとったイエスの言葉に村上先生が迫ります。
困難さが日に日に増す時代に生きる全ての方にまさに必聴の番組です。

* * *

Session―イエスのTuneに合わせて(早矢仕宗伯、塩谷達也、長倉崇宣)

Session―イエスのTuneに合わせて(毎週月曜放送)
ご出演:早矢仕宗伯(New Creation Arts Movementイエスの風牧師)
ご出演:塩谷達也(ゴスペルシンガー)
お相手:長倉崇宣(日本FEBCパーソナリティ)

* * *

もう一つの響き(朗読:長倉崇)

もう一つの響き(毎週月曜放送)
朗読:長倉崇宣

「じょ〜じ」こと早矢仕宗伯先生と、ゴスペルシンガーの塩谷達也さん、FEBCの長倉崇宣という異色の3人でお届けする「Session―イエスのTuneに合わせて」。
塩谷さんの讃美と3人の自由な聖書のことばの分かち合い。
そこに今まで聴いたことのないイエス様の声が響いてきます。

続く「もうひとつの響き」では一転、古今東西の伝道者の言葉に耳を傾ける一時を、長倉の朗読でお届けします。

聖書の言葉をめぐる二つのセッション、二つの響きは、
聖書の豊かさに気付かせてくれるはずです。

番組ジャンルへ


礼拝番組

実はFEBCで一番よく聴かれているのが、この礼拝番組なのです。なぜでしょう?

様々なご事情で教会に行くことのできない方々の、礼拝に参加したいという切実な願い、
あるいは、教会に行ったことのないかたの、礼拝って何をしているの?という関心の高さが、そこにあるのではないでしょうか。
クリスチャン人口1%未満と言われる日本ですが、神様を礼拝したいと願うことは、神様に造られた人間にとっては自然なことなのかもしれませんね。

毎週教会に通っているかたも、教会に行けないかたも、行ったことのないかたも、共に神様を礼拝するこの番組で、礼拝とは何かを体験してみませんか?

 

日曜礼拝番組・全地よ主をほめたたえよ

日曜礼拝番組・全地よ主をほめたたえよ(毎週日曜放送)

第1日曜日本キリスト教会高知旭教会の礼拝。
心の底から神様にささげる、ひたむきな讃美の声と、正直な祈りの言葉はとても素朴で、まるで本当にこの教会で一緒に礼拝に与っているような気がしてきます。
そして、長い話が苦手な私でも、青木豊牧師の説教はなぜか最後まで聞き入ってしまいます。
毎回、自分自身を見つめさせられ、本当にこの私のためにイエス様の十字架があることが新しく心に刻まれるのです。

第2日曜日本福音ルーテル神水教会の礼拝。
敷地内に老人ホームと児童養護施設のあるこちらの教会。
子どもからお年寄りまで、ご病気や障がいのある方、認知症の方、様々な弱さや痛みをお持ちの方々が共に神様を礼拝しています。
皆様と共にささげる礼拝、そして角本浩牧師を通して語られる慰めに満ちたみ言葉から、この私も主イエスに愛され、招かれていることに気付かされます。

第3日曜日本基督教団西片町教会の礼拝。
再び、日本基督教団・西片町教会(東京都)の礼拝を半年間お送り致します。西片町教会は、何と、今年創立130年!
歴史を貫き、今、この時代に聴くべき言葉として説教を語られるのは、山本裕司牧師。必ずしも楽観的になれない社会や、人間の現実と真向かいながら、「人間が自分自身の力に絶望した時にこそ、逆に神の言葉が立ち上がってくるのです」と山本牧師は語られます。主イエスのご真実の中に生かされていく慰めと勇気を頂きます。

第4日曜日本基督教団代田教会の礼拝。
都心部にあるこちらの教会の礼拝には、まるで都会の喧騒から抜け出るようにして、多くの方々が集います。
慌ただしく過ぎていく日常から一歩出て、週の初めに神様の前に自分を差し出すこと。
私が私として生きるために、それがどうしても必要であることを知らされます。
また、平野克己牧師のダイナミックな説教は、時と空間を超えて、私たちを聖書の世界に引き込み、そこにおられる主イエスとの出会いへと招きます。

そして第5日曜は、全国各地の教会の礼拝を取材してお送りしています。
取材した教会のご紹介はこちら>>

番組ジャンルへ


聖書の話

聞こえるか、主イエスの鼓動が―大友愛郎説教選(再)(大友愛郎)

聞こえるか、主イエスの鼓動が―大友愛郎説教選(再)(毎週水曜放送)
ご出演:大友愛郎(アメリカ合同メソジスト教会 元牧師)

「逆転が、私にも起こるんですよ!あなたにも起こるんですよ!」と、
既に10数年前に海外で召された大友先生の説教は、迫力を持って迫ってきます。
それは、絶えず「自分の正しさ」にしがみつき、それに気づかなくなってしまう私たちに対してのイエス様ご自身の「喝!」の言葉として聞こえ、解き放ってくれるのです。
膨大な説教のテープが残されていた、その中の選りすぐりの説教です。
MP3ディスクとしても好評発売中!

* * *

それでも、あなたの神となる―旧約聖書の証言に聴く(再) (左近 豊)

それでも、あなたの神となる―旧約聖書の証言に聴く(再) (毎月第2金曜放送)
ご出演:左近 豊(日本基督教団美竹教会牧師、青山学院大学教授)
お相手:長倉崇宣

私たちは思っているのではないでしょうか。
苦難を克服し、乗り越えることが信仰だと。

でも、旧約聖書の登場人物たちは証言しているのです。
苦難の中で湧き起こる嘆きと怒り、そして自らの弱さと罪、そこから目をそらさず苦闘するところでこそ、真に神と出会うのだと。

この旧約の人物と現代を生きる私たちとの架け橋となる番組「それでも、あなたの神となる―旧約聖書の証言に聴く」。
旧約の時代を生きた人物と今を生きる私、そして主イエスの苦難とがひとつに結ばれる時、神の救いが私たちの現実となります。

* * *

イエスを仰ぎ見つつ(再)(金井由信)

イエスを仰ぎ見つつ(再)(第3・4金曜放送)
ご出演:金井由信(日本イエス・キリスト教団元牧師)

1994年から4年半にわたり放送され、多くの方に愛された日本イエス・キリスト教団元牧師金井由信先生による「イエスを仰ぎ見つつ」が帰ってきました。選りすぐりの12話を毎月第3・4金曜日にお届けします。

金井節ともいえる名調子で語られる説教は、クスッとし、またじんわりするエピソードから、果ては「昭和」を生き抜いた人ならではの人生の悲哀に至るまで、金井先生ならではの軽妙で、しかも琴線に触れるメッセージが満載です。

同時代人に真に向けられた言葉は、時代を超え、今生きる私たちにも届きます。
「あなたがたの神を見よ」と。
皆様、いよいよふるって、ご聴取ください。

* * *

福音を聞く―新約聖書への招き(再)(幸田和生)

福音を聞く―新約聖書への招き(再)(毎週土曜放送)
ご出演:幸田和生(カトリック東京大司教区司教)

「イエスの福音は、ただ耳触りの良い言葉ではなく、本当に私たちの生きる力となるはずです。
それは、私たちが受け取り、応えていく時に現実になるのです。」そう語られる幸田司教。
救い主イエス・キリストを心から喜びたい。
この思いを諦められないからこそ、立ち止まって、注意深く耳を傾けたいと思います。
福音をただ“福音”として、受け取ることができるように。

* * *

交わりのことば―聖書の豊かさ

交わりのことば―聖書の豊かさ(第4/5土曜放送)

聖書の言葉を、自分で読むことも、説教として聴くことも、大きな恵みです。
そしてもうひとつ、誰かと分ち合うことも、不思議と驚きに満ちた恵みです。
そこには新しい出会いが生まれます。
人と人との出会いを通してしか味わえない、主イエスとの出会いが。

番組ジャンルへ


信仰生活を深めるために

神が問われる―私たちの対話的教義学講座(再)(石居基夫・長倉崇宣)

神が問われる―私たちの対話的教義学講座(再)(第1金曜放送)
ご出演:石居基夫(日本ルーテル神学校校長)
お相手・長倉崇宣

「神学」なんて言われたら、どうしたって縁遠いものに思えてしまいますよね。
でも、石居基夫先生はおっしゃいます。
「私たちは、みんな神学者なんです!」

自分の言葉で、私たちが生きている信仰を見つめ直す。
それならば、誰にとっても必要なこと。実はそれこそが、神学の核心。
神とは、イエスとは、聖霊とは、教会とは…。
この対話は、あなたと神様との親しい語らいのための、道しるべです。

* * *.

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)(関川泰寛・吉崎恵子)

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)(毎週火曜放送)
ご出演:関川泰寛(日本基督教団大森めぐみ教会牧師、東京神学大学教授)
お相手・吉崎恵子

ローマ・カトリックやプロテスタントといった西方教会だけでなく、
正教会と呼ばれる東方教会でも共通して、信仰告白として重んじられているもの。
それが、ニカイア信条。
しかし、使徒信条と比べて、名前を聞いたことはあっても、内容をご存じの方は多くないかもしれません。

お話くださるのは、お馴染みの関川泰寛先生。
関川先生のコンパクトで分かりやすい解説に続いて、吉崎恵子が時に涙し、時に大胆にツッコミながら、関川先生が更に噛み砕いてお話くださいます。

「我らは信ず」。
教会と歴代の信仰者たちが命がけで告白してきた言葉に込められた思い。
そこに、様々な違いを抱えた私達が、共にひとりの主を仰ぐ道があります。

番組ジャンルへ


お便り紹介

恵子の郵便ポスト(吉崎恵子)

恵子の郵便ポスト(毎週月〜木曜、第2金曜放送)
吉崎恵子(日本FEBCメイン・パーソナリティ)

だれにも言えない、でもだれかに聴いてほしい・・・その思いを綴ってくださったお便りをお読みし、声のお返事を差し上げているこの番組。

おかれている状況はまったく違うのに、不思議と「ああ、これは私のことだ」と共感し、声のお返事が私への語りかけのように聴こえてくるのです。

番組へのお便りはこちらからどうぞ。

* * *

Echo of Voices(長倉崇宣)

Echo of Voices(毎週木曜放送)
長倉崇宣(日本FEBCパーソナリティー)

番組に寄せられたリスナーからの声に、パーソナリティーの長倉崇宣が向き合いながら、一緒に悩んだり迷ったり考えたり・・・そこに答えはなくても、リスナーの声に語りかける、主イエスの声を聴きたいのです。

番組ジャンルへ


神様が私にしてくれたこと

コーヒーブレイク・インタビュー

コーヒーブレイク・インタビュー(第1〜3土曜放送)
インタビュアー:吉崎恵子・長倉崇宣

クリスチャンってどんな人?何を信じてるの?どうして信じてるの?信じたらどうなるの?

今、信じて生きている人に、ナマのお話を伺います。

* * *

御足の跡を(小池与之祐)

御足の跡を(毎週月曜放送)
ご出演:小池与之祐(日本基督教団神の愛キリスト伝道所牧師)

実はファンの多い小池先生。
疲れた時、行き詰まった時、なんとも言えない味わいのある「小池節」に癒やされるのです。

* * *

Per Crucem ad Lucem―十字架を通って光へ(再)(川上直哉)

Per Crucem ad Lucem―十字架を通って光へ(再)(7月〜9月・毎週水曜放送)
ご出演:川上直哉(日本基督教団石巻栄光教会牧師、東北ヘルプ事務局長)
お相手:長倉崇宣

神学者のセンセイが、突然、被災地の現場にひきずり出されちゃった・・・
川上先生はまさにそんなセンセイです。

私たちの毎日も、本当に「現場」だと思います。
理不尽なこと、迷いや悩みがいっぱいです。

だからこそ、この番組でご一緒に聞いてみませんか。
川上先生の胸の内を。

番組ジャンルへ


賛美歌・聖歌

神からのメッセージ―グレゴリオ聖歌(橋本周子)

神からのメッセージ―グレゴリオ聖歌(第2〜5日曜放送)
ご出演:橋本周子(宗教法人聖グレゴリオの家・宗教音楽研究所所長)

慌ただしい毎日の中で、気づけば自分を見失っていたり、目に見える結果ばかり求めていたりすること、ありませんか?

千年以上に渡り歌い継がれてきているグレゴリオ聖歌がそんな私たちの心に響くのは、何かを主張するのではなく、ただ純粋な信仰の歌だからなのかもしれません。

橋本周子先生のささやくような語りにも癒やされる番組です。

* * *

主にむかって歌おう(飯靖子)

主に向かって歌おう(毎週月曜放送)
ご出演:飯 靖子(日本基督教団霊南坂教会聖歌隊指揮者・オルガニスト)

難しい聖書の話はよくわからないけれど、教会で歌われる賛美歌に心癒されるという人は結構いらっしゃるのでは?

でも、賛美歌っていつ、誰によって、どのようにしてできたのでしょう?

この番組では、その賛美歌の背景を、飯靖子先生がお話しくださいます。
賛美歌がより身近になると思います。

番組ジャンルへ


音楽とトーク

Kishikoのひとりじゃないから(Kishiko)

Kishikoのひとりじゃないから(毎週土曜放送)
ご出演:Kishiko(ゴスペルシンガーソングライター)

Kishikoさんのライヴには、クリスチャンでない方々も大勢いらっしゃるのだそうです。
教会の内外を問わず、多くの人を魅了するその歌声。
私もKishikoさんのライヴに行ってみたい!

でも、ライヴに行けなくてもFEBCで聴けちゃうのです!
なんという贅沢!!!

* * *

MeguのCCM insight!

MeguのCCM insight!(第3/4金曜放送)
ご出演:Megu(Genuine Graceボーカルボーカル)

ゴスペルユニット「Genuine Grace」のボーカルMeguのトークと曲紹介♪

リスナーからのお便り紹介&声のお返事の日もあり、まったりトークの日もあり、子どもと関わる専門家のお話に耳を傾ける日もあり、ゲストの若手ミュージシャンとハイテンションで盛り上がる日もあり…。
明るく元気な、そしていつもどんなことにも真剣に取り組むパーソナリティMeguの魅力満載な、とにかく聴いていて楽しい番組です。

* * *

My Songs, Your Songs

My Songs, Your Songs(毎週火曜放送)

今風なCCMと説教のコラボレーションによる黙想番組???
この番組、不思議だけれど、むしろリアルに感じるのはなぜなのでしょう。
もしかすると、私たちの日常に近いのかもしれません。
様々な人々がいて、予測しない事が起こる、まさに異色なものが交じり合った日常、
そのところで、ただおひとりのかたに結ばれていく・・・
そんなひと時をご一緒に。

番組ジャンルへ


日々のことば

杉田太一『200字説教』(杉田太一)

杉田太一『200字説教』(毎日放送)

たった200字、されど200字。
以前に放送した時も多くの反響をいただきました。

実は私たちスタッフも今、毎朝、この『200字説教』を読んで共に祈っています。

* * *

荒野の泉・主の祈り

荒野の泉・主の祈り(毎日放送)

心にストレートに入ってくる「今日のひと言」。

* * *

「祈りを教えてください」という弟子たちに、イエス・キリストが「祈るときはこう祈りなさい」と教えてくださった主の祈りを、ご一緒に祈りましょう。

番組ジャンルへ


FEBCからのメッセージ

FEBC TODAY-今日の聖書・今週の讃美歌

FEBC TODAY-今日の聖書・今週の讃美歌(毎週月〜金曜放送)

月〜木曜、第2金曜はFEBCメイン・パーソナリティ吉崎恵子、金曜は長倉崇宣の
トークそして今日の聖書と讃美歌をご一緒に。

番組ジャンルへ


ここまでお読みくださってありがとうございます。
「聴いてみようかな」と思う番組、ありましたか?

「やっぱりどれを聴いたらいいかわからない」というかたは、
その日一日分の番組を通して聴けるボタンもありますし、
あるいは、試しに短めの番組から聴いてみるのも良いかもしれませんね。

まずはとにかくぜひ聴いてみてください!

ここまでお付き合いくださりありがとうございました。