旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第34編(3)

子らよ、わたしに聞き従え。

“知恵の教師が若い人たちに教えを述べる時、こう呼びかけます。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

注意を引きつける“問いかけ”/詩編34編13節◇原文/誰が 命を喜ぶもの/誰が 日々を愛するもの 良さを見るために/■誰が=問いかけ/知恵の教師が、若い人たちの注意を引きつけるテクニック/■良さ=主の恵み深さ/9節:味わい、見よ、 主の恵み深さ を


今日の解き明かしは、
知恵の教師の言葉から始まります。
“どうやって生きていったらいいのか”
まさに日々突きつけられるこの問いに、
詩編34編は、どう答えるのでしょうか。

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

31 詩編 第34編(3)

聴取期限11/13
(約23分)

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第34編(2)

わたしは主に求め 主は答えてくださった

“この「主に求め」は「主を探し求める」という意味です。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

わたし=“貧しい者”?/詩編34編5,7節◇直訳〈5節〉わたしは主を探し求める/そして、彼はわたしに答える/わたしの恐怖の全てから 彼はわたしを 助け出す/〈7節〉この貧しい者が呼ぶ/そして、主は聞く/彼の苦難の全てから 主は彼を 救う


苦難の時に、“主を探し求める”
この5節から今回は解き明かしをいただきます。
主を探し求める時、
苦しむ人に何が起こるのか・・・
神父様のお話をじっくり聴きたいと思います。

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

30 詩編 第34編(2)

聴取期限11/6
(約23分)

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第34編(1)

わたしの魂は主を賛美する。

“この詩編は、「魂」という言葉で囲い込まれています。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“貧しい人”に願うこと/詩編34編3節◇原文/わたしの魂は主を誇る。/貧しい人たち は聞くだろう、/そして彼らは 喜ぶだろう 。/■貧しい人=アナビーム/・圧迫され、苦しんでいる人/・ひたすら神に信頼をおく人/■聞くだろう 喜ぶだろう/・未完了形=話者の強い願い


魂を贖い出してくれた主を賛美する・・・
これがこの詩編のテーマだと言います。
その中で、今回解き明かされるのは、
“貧しい人”への呼びかけです。
その呼びかけには、どんな思いが潜んでいるのでしょうか。

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

29 詩編 第34編(1)

聴取期限10/30
(約23分)

続きを読む