旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第41編(2)

わたしは申します。
「主よ、憐れんでください。」

“「申します」ではなく、「言った」と過去の形で訳すこともできます”by雨宮神父

<今日のポイント>

さまざまな解釈の可能性ー訳の違いー/詩編41編5,12-13節/〈新共同訳〉5:わたしは申します。「主よ・・・」/12:そしてわたしは知るでしょう/13:どうか無垢なわたしを支え/・・・御前に立たせてください。/〈口語訳〉5:わたしは言った、「主よ・・・」/12:わたしは知ります。/12:あなたはわたしの全きによって、わたしをささえ、/・・・み前に置かれます。

担当者トマ子のつぶやき

言葉に曖昧さがあり、
それゆえ、いろいろな解釈ができる。
そんなヘブライ語の特徴が現れているという詩編41編。
今日は、その後半をお話いただきます。

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第41編(1)

主よ、その人を守って命を得させ
この地で幸せにしてください。

“口語訳では、この文章は事実を述べる形で訳されています。”by雨宮神父

<今日のポイント>

祈りか、事実かー訳の違いー/詩編41編3,4節/〈新共同訳〉3:主よ、その人を守って命を得させ.../幸せにしてください。/貪欲な敵に引き渡さないでください。/4:主よ、その人が病の床にあるとき、支え/...立ち直らせてください。/〈口語訳〉3:主は彼を守って、生きながらえさせられる。/...さいわいな者と呼ばれる。/あなたは彼をその敵の欲望にわたされない。/4:主は彼をその病の床でささえられる。/...いやされる。

担当者トマ子のつぶやき

訳の違いによって意味が大きく変わる、詩編41編。
今日は、その第一段落をお話いただきます。
この訳の違いが詩編全体に、
そして、祈る私たちにとっても大切なようです。
神父様、詳しく教えてください!

続きを読む