旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第16編(1)

ほかの神の後を追う者には苦しみが加わる。
わたしは・・・彼らの神の名を唇に上らせません。

“ここでは、偶像礼拝は無意味だと宣言しています。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“詩編作者”についての解釈ーそれぞれの訳の立場ー/詩編16編3節/1,かつての偶像礼拝者・・・フランシスコ会訳/地上の〈聖なる者ら〉(=偶像)/地上の〈聖なる者ら〉(=偶像)/2,以前から真の神に従っている人・・・聖書協会訳/新改訳/地にある聖徒は、/すべてわたしの喜ぶすぐれた人々である。/3,1、2どちらの解釈も可能・・・新共同訳/この地の聖なる人々/わたしの愛する尊い人々に申します。


偶像礼拝者には苦しみが加わる!
・・・でも、そう言う詩編作者自身は一体どんな人?
つい、そう聞いてしまいたくなります。
どんな背景から、詩編作者はこの言葉を語ったのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

17 詩編 第16編(1)

聴取期限8/7
(約23分)

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第15編(2)

それは、完全な道を歩き、
正しいことを行う人。

“神との関わりの中で日常生活をどのように生きようとしたか
そのことを今週はみてみたいと思います。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“主を中心にする生き方”詩編15編2-5節/言葉における真実/2節:心には真実の言葉があり/3節:舌には中傷をもたない人。・・・/主を中心にする生き方/4節:主の目にかなわないものは退け/主を畏れる人を尊び/行いにおける真実/悪事をしないとの誓いを守る人。/5節:金を貸しても利息を取らず・・・


詩編15編には、正しいことを行い、人を嘲らず、悪事をせず・・・と
様々な「正しさ」がずらっと並んでいます。
・・・わたしはこう正しくは生きられない、とがっかりしたり、
旧約にはこんな規範があったのかと、ぼんやりしたり。
神父様、今日はなにが一番大切なメッセージなのでしょうか?

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

16 詩編 第15編(2)

聴取期限7/31
(約23分)

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第15編(1)

主よ、どのような人が、あなたの幕屋に宿り
聖なる山に住むことができるのでしょうか。

“この詩編は、「神殿入場祭儀」との関わりが
実に大切です。”by雨宮神父

***

<今日のポイント>

“幕屋”が表すもの/詩編15編1節:主よ、どのような人が、あなたの 幕屋 に宿り聖なる山に住むことができるのでしょうか。幕屋/1,遊牧民の天幕/2,住居/3,神殿(移動聖所→エルサレム神殿)/〈イスラエル定住前:移動聖所〉・モーセは・・・それを臨在の幕屋と名付けた。(出エジプト33:7)〈イスラエル定住後:エルサレム神殿〉・あなたの幕屋にわたしはとこしえに宿り(詩編61:5)・エルサレムを見る。それは・・・移されることのない天幕。(イザヤ33:20)


詩編15編は、一見シンプルな「問いと答え」の詩編に見えますが、
そうではないのだとか・・・。
背景には、神殿入場祭儀という祭儀があり、
これが大切なのだ、と!
詩編と祭儀、ここにどんな関わりがあるのでしょうか。

 

旧約聖書のこころ―詩編―(再)
雨宮 慧
(カトリック・東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授)

15 詩編 第15編(1)

聴取期限7/24
(約23分)

続きを読む