旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第36編(2)

主よ、あなたの慈しみは天に
あなたの真実は大空に満ちている。

“この6節から11節に、神に逆らう者の滅びを語る秘密があります。”by雨宮神父

<今日のポイント>

第2段落“神の慈しみと恵み”/詩編36編6-11節/第1段落 2〜5節 神に逆らう者の本質/第2段落 6: 主よ、あなたの慈しみは天に.../7: 恵みの御業は神の山々のよう/8: 神よ、慈しみはいかに貴いことか。/11: あなたを知る人の上に 慈しみが常にありますように。/心のまっすぐな人の上に 恵みの御業が常にありますように。/第3段落/12〜13節 神に逆らう者の滅び

担当者トマ子のつぶやき

詩編36編では、神に逆らう者を描いた後、
“神の慈しみ”が描かれ、
最後に、神に逆らう者の滅びが語られます。
この真ん中が、詩編36編の鍵ということですが…。

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第36編(1)

神に逆らう者に罪が語りかけるのが
わたしの心の奥に聞こえる。

“まず、神に逆らう者についての記述から始まります。”by 雨宮神父

<今日のポイント>

“神に逆らう者”の描写/詩編36編2-5節、12-13節/2:神に逆らう者に罪が語りかけるのが/わたしの心の奥に聞こえる。/4:彼の口が語ることは、悪事、欺き。/12:神に逆らう者の手が/わたしを追い立てることを許さず.../13:悪事を働く者は必ず倒れる。

担当者トマ子のつぶやき

まさに今、罪が彼に語りかけている…!
さあどうなる?
そんな緊張感のある書き出しで始まる、
この詩編36編。
神父様、その人は罪にどう応えたのでしょうか。

続きを読む

旧約聖書のこころ―詩編―(再)


詩編 第35編(5)

わたしの舌があなたの正しさを歌い…

“この歌う、と訳されている言葉は、ハーガーという動詞です。”by 雨宮神父

<今日のポイント>

動詞“ハーガー”の意味/35編28節/わたしの舌があなたの正しさを歌い(=ハーガー)/・獅子や若獅子が獲物を捕らえて、うなるとき (イザヤ31:4)/・主に従う人...その舌は正義を語る。 (詩編37:30)/・...あなたのなさったことをひとつひとつ思い返し (詩編143:5)

担当者トマ子のつぶやき

繰り返し、敵が描写される詩編35編。
最後の第3段落も、
敵への祈りから始まります。
追い詰められた詩編作者は、なにを祈り求めていくのでしょうか。

続きを読む