讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

52.最終回・みなさまからのご質問にお答えして(4)

リスナーの方からのご質問
「使徒信条にある『陰府にくだり』が、ニカイア信条に無いのは何故ですか?」
「なぜ多くの教会は、ニカイア信条ではなく、使徒信条を告白するようになったのですか?」

 

関川:
「ニカイア信条には『陰府にくだり』が無いのは何故か・・・これを正確に説明するのは実は難しいんです。」

 

吉崎:
「あまりはっきりとは分からないんですか。」

 

関川:
「ええ。でもだからといって、ニカイア信条は『陰府にくだり』を否定や無視はしていないのです。
つまり、ニカイア信条が告白する『葬られ』ということは、イエス・キリストの死が『本当の死』だと言っているのです。

1コリント15:3
『最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。
すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと』

これは、主イエスが十字架で処刑された直後に、人々が口から口へ伝えた伝承です。
新約聖書の中で一番古い、『原石』のようなものです。
この『葬られたこと』をニカイア信条は受け継いでいるんです。

続きを読む

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

51.みなさまからのご質問にお答えして(3)

リスナーの方からのご質問
「『教会の外に救いなし』といつか番組で言われたかと思うのですが、
それでは、教会に行けない人はどうするのですか?」

 

関川:
「『教会の外に救いなし』・・・この言葉、評判が良くないんですよね(苦笑)。」

 

吉崎:
「そうですよ、すっごく排他的ですよ。」

 

関川:
「『だからクリスチャンは嫌なんだ!』と言われてしまう言葉かもしれません。
でも、その時代、キリスト教徒たちは迫害の中で、イエス・キリストの信仰に自分たちの本当の命があると確信していました。
その命を守ったのが、小さな小さな教会共同体だったんです。
ですから、『お前たちはこの中に入れないから救いは無い!』という姿勢で言っているんじゃないんです。」

続きを読む

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

50.みなさまからのご質問にお答えして(2)

リスナーの方からのご質問
「『ただ神の恵みにより、信仰へと導かれる』ということと、『私たちの意志』との関係は?先生は、両方必要だとおっしゃっているように思うのですが、相反するように思うのです。」

 

関川:
「私も実は、洗礼を受ける前後にこれを考えました。
信じようとすると、自分を空にしなくちゃいけない。でも、『空にしようとしている自分』が邪魔になるから、それを否定しようとすると、また『否定しようとする自分』が出てきちゃう。」

 

吉崎:
「まさに『いたちごっこ』ですね。」

 

関川:
「大学生の時、それを加藤常昭先生に質問してみたことがあるんです。加藤先生は覚えてないと思いますけど・・・。
先生は『受けたいんだったら求めればいいんだよ』っておっしゃって、『分かってくれないのかな』と思ったんですが(笑)、考えてみたら、聖書の中にそういう人が出てくるんですよね。

カナンの女性(マタイ15:21〜28)は、娘が病気でイエス様のところに来る。すると、弟子たちと主イエスが素気なく対応する。それでも必死に食い下がって、イエス様に自分の娘を癒して欲しいと言うと、主イエスは『婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願い通りになるように』と言う。

このカナンの女性の信仰というのは、求める信仰ですよね。必死に。
その時、私が空になっているとかは、関係ない。
それを超えているような恵みなんじゃないかと思うんです。」

続きを読む