讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

39.聖霊は御父〔と御子と〕より出で、御父と御子と共に礼拝され、あがめられ、預言者を通して語られる(4)

預言の賜というのは、礼拝の中で行われる説教を直接的には指します。もちろん、現代社会にあってはこの預言の賜物は、ますます多様にならざるを得ません。あるときは、不正や抑圧を見抜く政治的な知性であったり、あるいは社会の構造や仕組みを見通して社会への変革や改良を行う力などが、旧約の預言者と同じように求められています。しかし、忘れてはならないことは、預言の力の最も大きなものは、神の言葉を薄めたり、改変したりすることなく、そのまま全権を委任されたものとして、語るということであります。預言者の使命は、なにより神様の言葉を、取り継ぐことです。言うまでもなく、預言は、御言葉の説教に結実します。

 

ナカガワ:
礼拝の説教はもちろんそうだけど、聖書の言葉を人に伝えることも、預言の賜なんだね、きっと。

 

カトウ:
何と!じゃあ、僕も預言者!
何だか照れるなあ〜。

 

ナカガワ:
照れてる場合じゃないよ。それって、神様の言葉を取り継ぐことなんだって!

 

カトウ:
ガーン。そう言われると、自信ないです。
続きを読む

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

38.聖霊は御父〔と御子と〕より出で、御父と御子と共に礼拝され、あがめられ、預言者を通して語られる(3)

キリスト教というのは、歴史的な宗教なんです。歴史を簡単に飛び越えることはしないということです。もちろんイエス様の前に歴史は相対化されるし、歴史を絶対と見ることは絶対できないわけなんですけど、しかし、歴史を飛び越えて、私が聖書を自由に解釈できる。そういう風には考えないんですね。私の聖書の読み方が絶対に正しいんだ、というと、これは、もう歴史的な宗教であるキリスト教から離れちゃうことになる。

 

カトウ:
イエス様を信じることは歴史的って普段あんまり考えないなあ…。
大切なのは、今、私がどう信じるかだと…。

やっぱり、「今」でしょ?!(某先生流で)

 

ナカガワ:
はいはい。
でも、キリスト教は一人では信じられないよ。

そもそも聖書だって、ものすごい長い年月と数え切れない多くの人の信仰やさまざまな働きがあって、今僕らはAmazonでポチッと手にできるんだし。(※【PR】聖書のご用命は、お近くのキリスト教書店へ。)

 

カトウ:
そうだね。キリスト教は僕が考え出したものじゃないよね。

 

続きを読む

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

37.聖霊は御父〔と御子と〕より出で、御父と御子と共に礼拝され、あがめられ、預言者を通して語られる(2)

ギリシャ語原文では、元来は「聖霊は御父より出で」という言葉になっていました。…ところが、やがて西方教会は「と御子」という言葉を挿入いたします。「と御子」という言葉は、ラテン語でフィリオクエといいましたので、この語句を巡っての東西教会の論争を「フィリオクエ論争」と呼ぶようになりました。このフィリオクエ論争は、単なる神学的論争にとどまらず、11世紀に、東西の教会が分裂する大きな要因になりました。

 

カトウ:
三位一体の神さまなので…。
でも、何で分裂するほどになっちゃったんだろう?やっぱり、「自分が正しい」のがぶつかっちゃうから?

 

ナカガワ:
そこは聞かないで!

でも、関川先生は、「教会として聖書に聞く」ことが大切だって言ってたよ。

 

カトウ:
ふーん。でも、こういうところがキリスト教って理屈っぽいって言われるところだよね。
西方教会だって、宗教改革を機に分裂を繰り返してバラバラだし。

 

続きを読む