讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

13.天と地、全て見えるものと見えざるものとの創造者を(2)

「天と地、全て見えるものと見えざるものの創造者を信ずる」という告白の部分には、人間の創造についての直接の言及はありません。…永遠なる神の御子が人間の救いのために肉体を取られた、という後の告白の中に、創造と受肉の密接で不可分な関係が語られることによって、人間に関するテーマが、全面に押し出されてきます。人間は自分自身の存在の意味を創造者なる神と御子イエス・キリストをぬきに理解することは出来ないのであります。

 

カトウ:
今回、長いっすね…つまり…どういうコト?

 

ナカガワ:
たぶん、
「『人間を造られた御方がいる』ってことを信じるだけじゃ、
それは、『キリスト教が考える神様を信じること』とは違いますよ」
って感じかなあ。

 

カトウ:
ほー…
確か前回は、「イエス様を信じることは、創造者を信じること」っていう話でしたね。
イエス様無しに、父なる神様も信じられないよって。

 

続きを読む

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

12.天と地、全て見えるものと見えざるものとの創造者を(1)

『天と地、すべての見えるものと見えざるものとの創造者を』信ずるという信仰は、人間と世界の堕落、神からの離反に対して、神が御子を私たちの世界に送り、それによって、私たちを罪の淵から贖い出し、救ってくださったというニカイア信条の第二番目の項目、つまり主イエス・キリストへの告白と結びついていくのです。

 

カトウ:
創造者を信じることは、イエス様を信じること…かあ。
直感的はそうだと思うんだけど、説明はできませ〜ん。

 

ナカガワ:
そもそも、自分自身が創ったものにとことん裏切られて、しかもその連中、つまり僕たちのために死ぬ方って、僕たち何を信じてるんだろうね。

 

カトウ:
そっか、そういうよく分からないことコミコミで「創造者」ってこと?

 

続きを読む

讃美に生きる―ニカイア信条に学ぶ(再)

11.全能の父(3)

「(神の全能は)無内容な・ひまな・ほとんど眠ったようなものではなく、目覚めた・効果的な・たゆみなく働き続ける全能である」(カルヴァン)

 

カトウ:
そのとおりだと思うけれど…。

 

ナカガワ:
へぇー。
カトウさんは、常時、神様が働いている!って感じがしているわけ?

 

カトウ:
そういわれると…。ホントは実感、あまりありません。
「神様、今眠っている?居るの?」って思える時も…。

 

続きを読む